8月 27

友人と会ったらSEOを実践中だった

先日不動産会社に勤めている友人と呑む機会があり、
色々と話を聞いてきました。

ここ数年で、部屋探しの問い合わせのほとんどがネット経由になっているそうです。
有名なポータルサイトへ広告を出稿して集客するのがメインだそうです。

ただ、ポータルサイトへの広告掲載だけでは頭打ちになるらしく、
自社のホームページを検索結果の上位に出すSEO(Search Engine Optimization)に
取り組んでいる真っ最中だそうです。

元々機会に疎いタイプだったので毎日パソコンを前に四苦八苦していると言っていました。

私も仕事でSEOに関わる事が多いのですが、ここ2年ほどで有効な手法が大きく変わってきています。

以前はどんなホームぺージでも、被リンクの数が多ければ上位表示する事が可能でしたが、
現在は、ホームページそのものの質が悪ければ上位表示できませんし、質の悪いリンクの数が増えると、
ペナルティを受けて逆に順位が下がる事もあります。

「FX」や「キャッシング」等のビッグキーワードと呼ばれるキーワードで上位表示していたサイトも、
最近は順位の入れ替わりが激しく、順位が安定していないようです。

そこで1年ほど前からコンテンツSEOという手法がポピュラーになってきています。

特定のキーワードで上位表示を狙うのではなく、
数多くのコンテンツを作成し、様々なキーワードで各ページを上位表示させるという手法です。

以前から言われていたロングテールSEOに近い手法になります。

また、サイトの情報量(ページ数等)もそれなりにないと上位表示が難しくなってきています。
以前までは特定のキーワードに特化したサイトのほうが上位表示が簡単ではありましたが、
現在はサイトのドメイン自体を育てていくほうがうまくいく事も多く、長期的な目線で見ると、
ひとつのサイトをしっかり運営していくのが好ましいと思います。

友人も、学校名や駅名を含んだキーワードで各ページを上位表示させる事を考えているそうです。

うまくいく事を願っています。

沖縄でもこの会社はコンテンツSEOやロングテールSEOを行っているみたいですね。